· 

貸家の家賃は申告していない。

相談内容を要約すると、次のようなポイントが挙げられます。

  • 父親が農家の土地を相続し、自宅と貸家を建てた。
  • 父親亡くなり、相続したのは母親とМさんと弟。
  • 土地は母親名義、建物はМさんと弟が所有。
  • 母親は自宅周辺の土地を弟に相続して守ってもらいたいと考えている。
  • 貸家13軒あり、収入はあるが確定申告をしておらず、貸家評価が難しい。
  • 相続に備えて修正申告を行い、土地と建物のバランスを調整することがアドバイスされた。

   貸家評価と特例の適用を可能にすることを提案し、土地と建物の名義を合わせる方法を検討するようアドバイスしています。