ようこそ 相談は「無料」としてます。

 役に立つ事例等をブログに載せていますので、ご覧ください。

相続不動産の処分

・相続の8割は不動産です。

 

 1.相続手続きの開始:

 相続人が遺産分割協議書を作

 成する。

 2.不動産の評価と調査:

 不動産の価値を評価し、物件

 の状態や法的制約を調査し

 ます。

    3.処分方法の検討:

 相続人の合意を基に、不動産

 を売却するか、分割相続する

 かなどの方法を選択します。

    4.処分手続きの実施:

 選択した処分方法に基づいて、

 売却手続きや分割相続の手続

 きなどを進めます。

    5.処分後の手続き:

     処分が完了した後に、売却代

 金の配分や課税処理などを行

 います。


 

相続手続きにおける行政書士の業務と費用相場について

  • 遺言書の原案作成・証人となる

  • 費用相場: 約5万円~
  • 備考: 証人となる場合は、別途費用がかかる可能性があります
  • 成年後見人に就任し相続事務の代行

  • 費用相場: 約3万円~
  • 相続する人を確定するための相続人調査

  • 費用相場: 約3万円~
  • 財産の全体像を把握する相続財産調査・遺産目録作成

  • 費用相場: 約3万円~
  • 戸籍等の公的書類取得の代行業務

  • 費用相場: 約2万円~
  • スムーズな手続を促すための相続関係図の作成

  • 費用相場: 約2万円~
  • 法定相続情報証明制度に必要な法定相続情報一覧図の作成から認証文付写しの取得まで

  • 費用相場: 約3万円~
  • 各所とのやりとりに使用する遺産分割協議書の作成

  • 費用相場: 約3万円~
  • 窓口での手続が必要な場合もある銀行口座の解約

  • 費用相場: 約3万円~
  • 上場か非上場かによって手続が異なる株式の名義変更

  • 費用相場: 約3万円~
  1. 廃車にする場合でも必要となる自動車の名義変更

     

  • 費用相場: 約3万円~

遺言書の原案作成・証人となる - 約5万円~

 これらは一般的な相場であり、具体的な事案や手続きの複雑さによって費用は変動する可能性があります。

 行政書士に相談し、具体的な業務内容や費用について詳細に確認することが重要です。

料金表の比較

行政書士に相続手続きを依頼する際の流れ

  1. 事前相談:相続人から遺産の概要・相続人数・遺言の有無等をヒアリング
  2. 相続財産等承継のため業務委託契約締結
  3. 被相続人の戸籍謄本等を収集し、相続人を確定
  4. 被相続人の相続財産を調査し、財産目録を作成
  5. 遺言がない場合、遺産分割協議のサポートや遺産分割協議書の作成
  6. 各種名義変更手続き(行政書士は預貯金の解約・自動車の名義変更等)
  7. 遺産に関する業務完了を報告し、手続きに関する完了報告書を相続人代表者が受け取る

ご連絡は

070-6954-5058までお願いします。

「他人事じゃない? 相続トラブルの対象額は大半が5,000万円以下」

 

「相続の問題を未然に防ぐための対処法三つ」

 

①財産目録を作成しておく。

②法定相続人との間で合意し

 ておく。

③遺産額に応じて節税対策を

 しておく。

 

 相続で問題になりやすいケースは大きく分けて3パターン

 

1. 相続人の間で遺産分割につ

 いて対立が起こる。

2 .高額な相続税が負担になる。

3. 納税時に現金化できる遺産

 が少なく資金難に陥る。

 

 

「相続税減税において、まず考える9つの方法」

 

 法律の変更がある可能性があるため、具体的な事例に適用する前に最新の情報を確認することが重要です。

 

1、生前贈与で相続財産を減らす:

  相続人に対して、生前に一定の財産を贈与することで、相続財産を減らし相続税を軽減することができます。

  • 1 年間110万円まで税金がかからない暦年贈与をする
  • 贈与税のかからない特例で贈与する
  • 教育資金贈与の非課税措置(上限1500万円)
  • 結婚・子育て資金贈与の非課税措置(上限1000万円)
  • 住宅取得等資金の贈与税の非課税措置(上限1000万円)

2. 生命保険金等の非課税枠を利用する:

 生命保険の受取人には非課税枠が設けられています。これを利用することで、相続税の軽減が可能です。

  •  相続税がかからない生命保険を契約する
  •  受取人が相続人ならば「500万円×法定相続人の数」まで相続税は非課税です。
  • ただし、「保険料負担者と被保険者=被相続人」「受取人=相続人」でないと非課税枠が使えないので注意が必要です。また、相続放棄すると非課税枠は使えません。

3, 孫や子供に生命保険をかける:

  直系の親族に対して生命保険をかけ、その受取人に指定することで、非課税の恩恵を受けることができます。

 

4, 不動産を活用する:

  不動産の有効な活用方法として、土地や建物の賃貸、売却、または有効活用事業などが考えられます。

  自分が所有する土地に賃貸用の建物を建て、第三者に貸している場合の土地のことを「貸家建付地」と言います。貸家建付地と貸家は、評価額を下げることができます。

 

5, 親子で同居する:

   親子で同居することで、居住用不動産に対する特例が適用され、相続税の軽減が期待できます。

   自宅の不動産を相続する場合、小規模宅地等の特例を使えば、評価額を330㎡まで80%減らせます。

 

6, 墓地や仏具などを生前に買って相続財産を減らす:

   生前に必要な財産を購入することで、相続財産を減らし相続税の軽減を図ることができます。

   気をつけるべきポイントとしては祭祀財産が礼拝用ではなく、投資目的だった場合は相続税がかかるということです。

  また購入する際にローンを組んでも債務控除とはなりません。

 

7,  配偶者に居住用不動産を贈与する:

  配偶者に対して居住用の不動産を贈与することで、特例が適用され、相続税の軽減が可能です。

  20年以上連れ添った配偶者に自宅や居住用物件の購入資金を贈与すると、2000万円まで贈与税がかかりません。

 この制度で自宅の一部を妻や夫に生前贈与すれば、相続財産を減らせます。

  ただ実際には配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例を使ったほうが、節税効果は高くなります。

  また不動産取得税などのコストがかかります。

 

8, 養子縁組をする:

  養子縁組を通じて家族構成を変更することで、相続財産の分割を柔軟に行うことができ、相続税を軽減できる可能性があります。

   

9,  相続時精算課税制度で贈与する

    今後、値上がりすることが見込まれる不動産や株式があるなら、相続時精算課税制度であらかじめ贈与すると良いでしょう。

  相続時精算課税制度で贈与した財産は贈与税が2500万円まで非課税です。

 贈与した財産はすべて相続税の対象ですが、相続税の計算の基準となる金額は、相続開始時の評価額ではなく、贈与時の評価額となります。

 つまり、差額のぶんだけ相続税を抑えられるのです。

相続問題の対処に有効な10

 の方法

 

①不動産を遺産分割する方法

 を整理しておく。

②遺言書の有効性を調べる。

③家族間での遺産の配分率を

 把握しておく。

④法定相続人の範囲を把握し

 ておく。

⑤遺留分侵害額請求権を使う。

⑥不当利得返還請求を使う。

⑦寄与分の有効範囲を整理

 する。

⑧新たに出てきた相続人の

 遺留分にも配慮する。

⑨相続の放棄も検討する。

⑩被相続人の生前から事業を

 引き継いでおく。


 参考になる項目をブログにまとめています。

 ぜひ、ご覧になってください。