具体的な例としては、ブログをご覧ください

不動産

不動産売却において起こるトラブルとして以下のような事例が挙げられます。

 

[仲介業者を探す段階でのトラブル」

  • 知識がない初心者が悪徳業者に騙される可能性がある。
  • 根拠のない高値での売却を勧められる。
  • 媒介契約後に内部欠陥を理由に価格を引き下げられるなど、不正行為が起こる。

「不動産売却の前・販売活動中のトラブル」

  • 境界確定や建築基準に関するトラブルが起こる場合がある。
  • 近隣住民との境界確定に関する問題が生じる。

「不動産売却の売買契約前後のトラブル」

  • 仲介手数料に関するトラブルが起こることがある。
  • 上限額を支払う必要があるかどうかが争点になる。

「不動産売却成立後(引き渡し後)のトラブル」

  • 契約時に共有されなかった物件の欠陥が発覚する可能性がある。
  • 瑕疵担保責任期間中や契約不適合責任制度の適用により、トラブルが生じる場合がある。

 

これらのトラブルに対処するためには、次のような対応が考えられます。

 

  • 信頼性のある不動産業者を選ぶために、調査や評判の確認を行う。
  • 売却に関する専門用語や契約内容をよく理解し、詳細な説明を求める。
  • 境界確定や建築基準については専門家の協力を得る。
  • 仲介手数料に関する条件を契約前に明確にする。
  • 契約不適合責任制度などの保証について事前に十分な調査を行う。

もしトラブルが発生した場合には、地域の不動産業者を管轄する部署(県庁住宅課)や住まいの相談窓口(宅建協会)で相談し、適切な対処を取ることが重要です。

 

補助金

補助金を申請する前に確認すべき3つのポイントは以下の通りです。

1.制度の趣旨や目的に合致しているか:

 申請する補助金の制度の趣旨や目的に、自社やプロジェクトが適合しているかを確認することが重要です。

 目的に合致しない場合、審査に通りづらくなります。

 

2.期限や難易度に問題がないか:

 補助金の申請期限や要件を遵守し、応募が可能な期間内に申請できるかを確認する必要があります。 

 また、補助金の難易度に見合った申請を行うことが重要です。

 

3.必要な資金の準備ができるか:

 補助金は原則として先払い後支給となるため、事前に必要な資金を用意することが必要です。 

 資金調達の計画を立て、補助金の支給タイミングとの調整を行うことが重要です。

 

 これらのポイントを十分に確認することで、補助金申請の成功確率を高めることができます。

 申請前に関連する情報を正確に把握し、適切な準備を行うことが重要です。

 

ご連絡は

070-6954-5058

までお願いします。

相続

生前贈与のメリットとは

 

1. 財産を自由に譲渡できる:

 自分の意思に基づいて相続したい相手に財産を譲渡できます。

 2.相続税の節税が可能:

 適切な生前贈与の方法を活用することで相続税を節税できます。

 

生前贈与のデメリットをまとめると:

 

 1.贈与税がかかる可能性がある:

 年間110万円以上の贈与は贈与税が発生します。

 2.老後資金が不足する可能性がある:

 生前贈与により必要な資

 金が不足する可能性があ

 ります。

 3.3年以内に死亡するリスクがある:

 3年以内に亡くなる場合は生前贈与が無効になります。

 

上手な生前贈与の方法:

 

 1.暦年贈与を活用する: 

 年間110万円未満の贈与を毎年行うことで、贈与税を回避できる。

 2.住宅取得資金贈与の特例を利用する:

 最大3,000万円まで非課税となり、不動産の贈与に適している。

 3.配偶者控除の特例を利用する:

 婚姻期間20年以上の夫婦に適用される特例を活用する。

 4.相続時精算課税制度を利用する:

 まとまった金銭を一度に贈与し、相続の前倒しを行う。

 

 生前贈与は早ければ早いほどメリットが増大するため、適切な節税策として早めに検討することが重要です。

 

ただし、贈与にはリスクもありますので、家族や専門家と相談しながら慎重に進めることが大切です