· 

相続のトラブル9遺産分割

9「不動産の分割方法で意見が割れている」

 

 不動産の分割方法については、遺産分割協議の中でもトラブルが多いです。

 

 不動産が遺産の主要な財産価値を占めることがあり、特に自宅の場合は生活に大きな影響を及ぼすためです。

 

 分割方法には様々な選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、意見のまとまりが難しいこともあります。

 

 遺産に不動産が含まれる場合、相続人が複数いるときは以下の方法で共有または分割を行います。

 

・現物分割: 不動産を物理的に分けて共有する方法。

・換価分割: 不動産を売却してその代金を分ける方法。

・代償分割: 一部の相続人が不動産を相続し、その価値に相当する財産を他の相続人に与える方法。

・共 有:  不動産を共有し、共同で管理・使用する方法。

 

 予防策としては、遺言書で分割方法を指定することが考えられますが、相続人の利益を考慮し、合理的な内容にすることが重要です。

 

 解決策としては、当事者間で解決が難しい場合は調停や審判を申立てる方法があります。

 これらの方法を活用して円満な分割を図ることが重要です。