· 

突然死による準備不足

突然のご主人の逝去により、相続に関する準備が急がれる状況です。

 

以下に、アドバイスさせていただきます。

  • 相続税申告の準備:

夫の財産が合計で7000万円ということで、相続税の申告が必要と判断されています。

 

税理士に相談し、適切な申告手続きを進めることは重要です。

 

税理士の見積もりも提示され、手続きが進められることになっているようです。

 

申告期限までのスケジュールを考慮して、必要な書類や情報を整理し、スムーズに申告手続きを進めましょう。

  • 遺産分割協議:

遺産分割協議は重要なプロセスです。

 

遺言書がない場合、法律に基づいて相続人で協議を行います。

 

Sさんとお子様方との話し合いによって、遺産分割の方法を決定することが必要です。

 

現段階での意向や将来の生活状況を考慮しながら、公平な方法を模索してください。

  • 配偶者特例の利用:

配偶者の特例を生かして、Sさんが全財産を相続する方法は、相続税の納税を不要にする有効な手段です。

 

ただし、将来の生活状況や家族のニーズを考慮して、この方法が最適かどうか検討する必要があります。

 

税金面だけでなく、家族の経済状況や将来のプランも考えて決定しましょう。

  • 遺産分割の柔軟性:

娘たちの将来に変化がある可能性を考慮し、遺産分割の方法には柔軟性を持たせることが大切です。

 

娘たちの生活の変化やニーズに合わせて、遺産分割協議を進めることを検討してください。

  • エンディングノートの作成:

急な相続の場合、財産や意向を整理し、家族に残す情報をまとめるためのエンディングノートの作成が役立ちます。

 

将来のためにも、家族に対する情報提供を行う手段として検討してみてください。

 

ご家族の現状や将来の展望を十分に考慮しながら、相続手続きを進めることが大切です。

 

必要な専門家と相談しながら、スムーズな手続きを進めていくことをお勧めします。