· 

代理行為について

民法における代理行為に関する規定について説明します。

 

 民法101条1項の内容:

 

 この項では、代理人による意思表示の効力が影響を受ける場合について規定されています。

 

 具体的には、以下の要素が含まれています。

  • 意思表示の効力が影響を受ける場合:

 意思の不存在、詐欺、強迫、またはある事情を知っていたこと、若しくは知らなかったことによって影響を受ける場合、その事実の有無は代理人について決するものとする。

 

  これは、代理人が行った意思表示が、上記の要素によって影響を受ける場合、その事実の有無を代理人の立場で判    断するというものです。

 

  例えば、代理人が詐欺を行っていた場合、その詐欺による影響は代理人の立場で判断されます。

  • 代理人の善意無過失:

 代理人が行った法律行為に瑕疵(通常の注意では発見できない欠陥)があった場合、その瑕疵について善意無過失であるかどうかが重要です。

 

 代理人が善意無過失であれば、本人が瑕疵を知っていた場合でも、その瑕疵に対して一定の権利を主張することができます。

 

  • 民法101条2項の内容:

 この項は、特定の法律行為をすることを委託された場合における代理行為に関して規定しています。

 

以下の要素が含まれています。

  • 特定の法律行為を委託された場合:

 代理人が本人の指図に従ってその行為をした場合、本人は、自ら知っていた事情について代理人が知らなかったことを主張することができない。

 

 本人が過失によって知らなかった事情についても、同様とする。

 

 これは、特定の法律行為を委託された場合に、代理人が本人の指図に従って行動した場合、本人は代理人が知らなかった事情について主張することはできないという規定です。

 

 つまり、代理人の知識は本人の知識とみなされます。

 

  • 代理に関する詐欺、強迫について:

 代理人が詐欺や強迫によって相手方の意思表示をした場合、本人が善意であっても相手方はその意思表示を取り消すことができます。

 

 また、本人自身が詐欺によって意思表示をした場合でも、代理人が善意であっても、相手方はその意思表示を取り消すことができます。

 

 まとめ:

  この文章は、代理行為に関する民法の規定について説明しており、代理人の知識や行動が重要な影響を与えることを

 示しています。

 

  特に、善意無過失の有無や特定の法律行為の委託の有無によって、代理人と本人の権利や責任が異なる場合があることが強調されています。