· 

節税方法

提案された対策とアクションの概要をまとめます。

 

 提案された対策:

  1. 小規模宅地特例の活用: 祖父の遺言に基づき、自宅が小規模宅地特例の適用対象として、節税対策を行います。
  2. 収益のある建物の贈与: アパートの建物を祖父から受け取り、生前贈与を行うことで、低い評価で贈与できるため相続税の節税を図ります。この建物による家賃収入は生活費の一助となり、納税資金を蓄積する手助けともなります。

 アクションの内容:

  1. 小規模宅地特例の適用: 祖父の遺言に基づき、母親に対して小規模宅地特例の適用を検証しました。母親が祖父と同居しているため、この特例が適用できる可能性が高いと判断されました。
  2. 収益のある建物の贈与: アパートの建物を祖父から受け取るための手続きを行い、生前贈与を実行しました。建物の評価が低くなるため、贈与税を削減し、相続税の節税効果を得ることができます。

 提案された対策とアクションにより、節税効果が得られました。

 特に、小規模宅地特例と収益物件の贈与を組み合わせることで、相続税の軽減と家計の安定を図ることができました。

 

 税金負担の削減と生活の安定が同時に達成されることで、Nさんと家族の経済的な余裕が増すことが期待されます。