· 

住まない家は早めに処分。

 提案された対策:

  1. 空き家の早めの処分: 空き家は放火や侵入のリスクがあるため、早めに処分することが提案されています。建物の状態や立地によっては、賃貸やリフォームを検討することも考えられますが、リフォームが大規模でかつ古い場合は賃貸が難しい可能性もあります。
  2. 建物の売却: 建物は早めに売却してしまうことが現実的とされています。建物の売却後に解体することも検討できます。また、年度が替わると固定資産税がかかるため、更地になる前に売却を進めることが税金面でも重要です。

 注意すべきポイント:

  1. 固定資産税の考慮: 古家を解体すると土地の固定資産税が増加する可能性があるため、建物の売却や解体のタイミングを考慮する際には固定資産税の変動に注意が必要です。
  2. 売却交渉: 建物を売却する際には、買主との交渉を行うことが重要です。建物を残したまま売却できる可能性もあるため、柔軟に交渉することがポイントです。

 Hさんは、叔母の相続において空き家の処分に関して提案された対策を検討し、税金やリスクを考慮しながら適切な判断を下すことが重要です。

 これにより、空き家の問題を早めに解決し、適切な資産運用を行うことができるでしょう。