· 

都心の不動産に買い換え

 

 提案された対策:

  1. 売却と不動産購入: Bさんの住まない自宅を売却し、その代金を元に都心の収益不動産(賃貸マンション)を購入することが提案されました。これにより、収益を得る一方で固定資産税などの税金を削減できます。
  2. 分散経営: 賃貸マンションを4つに分けて購入することで、リスクを分散し安定した収入を得ることを提案しています。各物件の選定は駅近や価格帯などを考慮し、流通性や需要を重視しています。

 アクションの内容:

  1. 自宅不動産の売却: Bさんの父親の自宅を売却し、その代金を得ることで現金を手に入れました。これにより、不要な固定資産の維持費や税金を削減できます。
  2. 収益不動産の購入: 売却した代金と手持ちの現金を組み合わせて、都心の収益不動産(賃貸マンション)を4つ購入しました。これにより、毎月の安定した賃料収入を得ることができます。
  3. 相続税の削減: 自宅の売却による資金調達と収益不動産の購入による評価減少により、相続税を大幅に削減しました。これにより、資産の維持に伴う負担が軽減されました。
  4. 収入の確保: 賃貸経営により、毎月の安定した賃料収入が確保されました。これにより、預金を切り崩すことなく、生活の基盤を安定させることができます。

 提案された対策とアクションにより、Bさんは自宅不動産を有効に活用し、安定した収益を得ることで生活の安定を図りました。

 また、相続税の削減によって不要な負担を軽減し、資産を適切に管理することができるようになりました。

フォームの始まり