· 

資産組み替えが節税対策になる

 提案とアドバイスをまとめます。

 

 提案された対策:

  1. 自宅の住み替え: 自宅を売却して住み替えることで、節税対策をしながら現金の余裕を作ることが提案されます。また、老後生活を快適に送るための環境を確保し、兄弟が仕事に便利な立地に住むことも考慮されています。
  2. 賃貸物件の購入: 自宅の売却代金を使って、賃貸物件を購入することが提案されます。これにより相続税を減らすだけでなく、家賃収入を増やすことができ、経済的な余裕を生むことができます。

 注意すべきポイント:

  1. 現金不足への対策: 現在の資産状況や将来の相続税の問題を考えると、節税対策と現金不足の解消が必要です。住み替えと賃貸物件の購入により、これらの課題に対処することができます。
  2. 家賃収入の改善: 賃貸物件の選定に注意し、家賃収入を最大化するように工夫することが重要です。これにより、将来的な生活費や相続税の対策に役立てることができます。
  3. 将来の生活の計画: 母親の介護や自身の老後生活など、将来のライフプランを考慮しながら資産の運用を計画することが重要です。これにより、経済的な安定を確保し、不安要素を減少させることができます。

 

 Sさんと弟は、自宅の住み替えと賃貸物件の購入による節税対策と現金不足の解消を検討し、将来の生活に向けて計画を進めることを決意しました。