· 

税金滞納で自宅が差し押さえ。

 

 提案された対策:

  1. 借地権付き建物を売却する: 両親が所有している借地権付き建物を売却することを検討します。これにより、売却代金を手に入れて銀行の借り入れや滞納分の返済、子どもたちの立替金の返済などを行うことができます。
  2. 賃貸住宅へ住み替える: 賃貸住宅に住み替えることで、介護が受けられる環境を整え、老後の生活に不安を抱えずに済むようにします。賃貸住宅の選定においては、介護施設や生活環境などを考慮することが重要です。

 注意すべきポイント:

  1. 地主の了解が必要: 借地権付き建物を売却する際には、土地の所有者である地主の了解が必要です。地主に売却の意向を事前に伝え、同意を得る手続きを行う必要があります。

 アドバイスのポイント:

  1. 事前の説明と協議: 売却や住み替えなどの重要な決断に関しては、両親やきょうだいと事前に十分な説明と協議を行うことが重要です。全員が納得し、意思を一致させることでスムーズな手続きが進むでしょう。
  2. プロフェッショナルのサポート: 不動産売却や賃貸住宅の選定に関しては、不動産業者や専門家の助言を受けることが有益です。特に借地権付き建物の売却には複雑な手続きが伴うため、専門家のアドバイスを活用することが重要です。
  3. 家族のニーズを考慮: 賃貸住宅への住み替えにあたっては、介護や生活の利便性など、家族のニーズや要望を最優先に考慮することが大切です。家族の将来に向けて、適切な選択を行いましょう。

 状況に応じて、家族全員で相談し、将来の安定を図るための最適な策を検討することが重要です。   

プロのアドバイスを受けつつ、家族の協力を得てスムーズに進めていくことをお勧めします。