· 

権利譲渡も選択肢。

 Kさんが相続の手続きについて困難に直面している状況に対するアドバイスと、対策士からの提案についてまとめます:

 

  1. 相続の背景: 叔父さんが亡くなり、複雑な相続状況が発生しました。叔父さんは子供がいなく、兄弟姉妹が相続人となり、さらに亡父の再婚により、異母きょうだいが多数相続人となりました。
  2. 行政書士の依頼: 相続人の確定と所在確認のため、行政書士に依頼が行われました。行政書士は戸籍謄本と住民票の取得を手伝いましたが、それ以上のサポートは提供しなかったようです。
  3. 自力で家系図と相続割合を調査: Kさんは自身で家系図を作成し、相続人の法定割合などの情報を調査しました。これにより、相続人の数や割合を把握することができました。
  4. 法定割合と遺志の不一致: 叔父さんは口頭で財産を叔母さんに渡す意向を伝えていましたが、遺言書がなかったため、法定割合に基づいて相続分割を行うと、叔父さんの遺志とは異なる結果になります。
  5. アドバイスと提案: 対策士からのアドバイスと提案は以下の通りです。
    • 合意があれば法定割合でなくてもよい: 相続分割は法定割合を目安にしますが、全員の合意があれば、分割方法は自由です。叔母さんと相続人たちの合意を尊重することができます。
    • 譲渡証書の利用: 叔父さんの財産を叔母さんに譲渡するための「譲渡証書」を利用する方法もあります。各相続人がそれぞれの権利を譲渡し、叔母さんに贈与することができます。この方法は、多くの相続人がいる場合に効果的です。
    • 叔母さんとの協議: Kさんは叔母さんとの協議を行い、叔父さんの遺志や貢献度を考慮した相続分割方法を検討
        • することが提案されました。叔母さんに対する贈与や協議により、双方が納得する解決策を見つけることが重要です。

       この提案に従えば、叔父さんの遺産分割について、家族間で合意が得られ、納得のいく方法を見つけることができるでしょう。

       相続は感情的な要素も含む複雑なプロセスですが、双方の協力と理解が解決への鍵となります。