· 

相続した家を活用して残したい

Oさんが叔父から相続した家の土地活用について、対策士から提案がありました。以下にその提案の要点をまとめます:

 

  1. 叔父の家の背景: 叔父の家は築50年の家で、現在は空き家となっており、Oさんの名義になっています。ただし、Oさんは現在のマンションに住んでおり、この家に住む予定はありません。
  2. 土地の維持: Oさんは、この家が父親の実家でもあるため、売却せずに維持していきたいと考えています。ただし、4年間もの間、空き家として放置されています。
  3. 土地活用の考え: Oさんは、この家を有効活用したいと考えており、図書館で土地活用に関する情報を見つけました。これをきっかけに、土地活用のコンサルティングを検討することになりました。
  4. 土地活用コンサルティング提案: 提案では、叔父の家の立地が賃貸事業に適しているとの見込みがありますが、コンセプトの明確化と収支のバランスが必要です。それに基づいて、土地活用コンサルティングを行い、具体的な建築ラフプランや収支予測を提供します。
  5. 継続的なサポート: 提案では、有料のコンサルティングを提供し、20年や30年といった長期的な事業のスタートをサポートします。建物の完成から賃貸が始まるまでの段階でもサポートを続け、Oさんに安心感を提供します。
  6. 対策士からのアドバイス: 提案の最後に、この長期事業におけるコンサルティングの必要性と、空き家や空き地を持つ方々に対するサポートを呼びかけています。

 

 Oさんがこの提案に同意すれば、土地活用のプランを具体的に検討し、叔父の家を有効に活用するためのステップを踏むことができるでしょう。