· 

90代でもできる節税対策がある

 叔母の相続財産を金融資産から不動産へ転換することで、相続税の節税対策を実行し、叔母の生活を安定させる方法が提案されています。

 以下に、これらの行動とアドバイスについて詳しく説明します。

  1. 相続財産の状況:叔母が金融資産を所有していることが明らかになっています。これらの金融資産は、相続税の対象となり、基礎控除を超える額になっているため、相続税の申告が必要です。
  2. 遺言書:叔母が公正証書遺言を作成して、一部の財産を姉の子どもに渡し、残りの財産をМさんに相続させると明記しています。これにより、相続の意思が確認されています。
  3. 節税対策:金融資産を不動産に転換することで、相続税の節税対策を実行しました。具体的には、投資信託を解約して、区分マンションを2部屋購入しました。不動産の評価は時価の30%程度に下がり、申告不要の財産に変わります。これにより、相続税負担を軽減し、賃料収入が得られる財産に変換されました。
  4. 叔母の意思確認:叔母の意向を尊重し、不動産の購入について叔母に説明し、了承を得ました。このように叔母の意思を尊重しつつ、節税対策を進めることが大切です。
  5. 安心と生活の安定:不動産から得られる賃料収入により、叔母の生活が安定し、資金的な不安が解消されました。また、相続税の負担が軽減されたため、将来的な不安も軽減されました。

 

 相続対策士からのアドバイスとして、相続財産に対する対策を行う際には、相続人の意思が明確なうちに行動を起こすことが重要です。

 また、金融資産のままでは相続税がかかる可能性が高いため、適切な対策を検討し、安心した生活を提供することが大切です