· 

路線価は固定資産税評価の1.2倍

 評価が正確でない場合、相続税の計算や将来的な財産管理に影響を及ぼす可能性があります。

 以下に、具体的なアドバイスを提供します。

  1. 現地調査の重要性:
    • 現地調査は土地の正確な評価を行う上で不可欠です。評価減額のためには、土地の実際の状態、地域の特性、近隣の土地の取引価格などを調査する必要があります。
  2. 専門家の協力:
    • 土地の評価は複雑なプロセスであり、専門家の協力が必要です。不動産鑑定士や税理士に相談し、正確な評価を得ることを検討しましょう。
  3. 特例や優遇措置の活用:
    • 土地の評価を下げるために、地方自治体が提供している特例や優遇措置を活用することができます。税制の変更や地域ごとの違いがあるため、専門家に相談して最適な方法を見つけましょう。
  4. 過去の相続情報の活用:
    • 過去の相続案件や土地の評価に関する情報を収集し、それを元に評価を検討することも役立つかもしれません。広大地評価など、以前の評価を参考にする場合もあります。
  5. 共同相続のルールを理解:
    • 遺言書に従って相続する場合でも、共同相続者同士のルールや財産の分割に関する法律を理解しましょう。相続税の計算や財産管理に影響を与えることがあります。
  6. 相続税の計算:
    • 土地の評価が確定したら、相続税の計算を行いましょう。相続税の支払い方法やタイミングについても検討し、適切に対応しましょう。

 

 最終的に、専門家の助言を受けつつ、現地調査を行い土地の評価を正確に決定することが大切です。

 正確な評価を得ることで、将来の相続税の負担を軽減し、遺産の管理をスムーズに行うことができます。