· 

予期せぬ事態

1. 予期せぬ事態への備え:

 本事例では、夫婦が若い年齢で相次いで亡くなるという予期せぬケースが示されています。

 人の生死や順序は予測できないため、一般的な思い込み(年長者が先に亡くなる、女性の寿命が男性より長いなど)に頼ることはできません。

 

2. 遺言書の重要性:

 遺言書を書く際に、同世代の相続人(夫婦、兄弟姉妹など)の場合、誰が先に亡くなるかわ

 からないため、先死亡相続人に遺産を相続させる条項入れることが一般的です。

  ただし、遺言書で指定した相続人が先に亡くなった場合、その遺産は法定相続の対象となり、遺産分割協議によって分割されます。

 

3. 予備的遺言と寄付の選択肢:

  予備的遺言は、適切な相続人を指定するのが難しい場合に備えるオプションとして言及され

 ています。

  また、遺者の縁や興味に合わせて、遺産を団体に寄付(遺贈)することも考えられる選択肢の一つです。

 

4. 専門家のサポート:

  本事例の相談者は、専門家の支援を受けることで、複雑な手続きや書類の収集を行うこと

 ができました。

  専門家の存在は、予期せぬ事態に備える際に非常に重要であり、専門家のフォローが問題

 解決に役立つことが強調されています。