· 

相続におけるリスクと対策

1. 相続とは人生の総決算:

 相続は、生まれてから現在までの人生を振り返り、財産や家族の状況を確認する重要な出来

 事です。

 意思や思い込みを放置せず、相続対策を検討し、笑顔相続ノートなどのツールを活用するこ

 とが勧められています。

 

2. 「親なきあと」対策:

 障がいのある子どもを持つ親にとって、親が亡くなった後のリスクや課題が存在します。

 不動産の名義変更や賃貸アパートの管理など、相続に関連する具体的な課題についても考え

 なければいけません。

 

3. 預貯金と生命保険:

 障害年金を預貯金として残している場合、その預金の解約が難しい場合があることが指摘さ

 れています。

 生命保険や生命保険信託を活用することで、将来の資金ニーズに備える方法が提案されています。

 

4. 「親なきあと」への対策:

 親なきあとの対策は、家族構成や事情によって異なります。

 信託契約や任意後見制度、家族信託など、具体的な対策手段についても触れられています。

 

5. 相談と協力:

 親なきあとの心配や相続に関する問題について、団体や相談室に相談することが重要である

 と強調されています。