· 

土地の境界確定の重要性

1. 境界確定の重要性:

 土地の境界確定は、土地取引において非常に重要な要素であり、売却価格に大きく影響する

 ことが強調されています。

 境界確定ができていない土地は、境界紛争のリスクがあるため、購入者が敬遠する可能性が

 高まります。

 

2. 遺言書と不動産登記簿:

 遺言書において土地や建物の特定を行う際には、不動産登記簿の記載内容に従う必要があり

 ます。

 不動産登記簿は境界の確定については証明しないため、境界に関する問題が遺言書に反映さ

 れない可能性があることが指摘されています。

 

3. 土地の価値:

 土地の価値は境界確定以外にもさまざまな要因に影響されることが述べられています。

 一見価値が高い土地でも、実際には問題がある場合があるため、専門家の調査が重要である

 ことが強調されています。

 

4. 相続と不動産:

 相続において不動産が含まれる場合、不動産の真の価値を専門家に調査してもらうことが推

 奨されています。

 不動産の権利に関連する問題は避けがちであるが、後で問題が表面化する可能性があるため

 、先に対処することが重要であると述べられています。

 

 これは、土地取引や相続において境界確定や不動産の価値評価を怠らない重要性を伝えて

 おり、問題が表面化する前に専門家の助言を受けることを奨励しています。