· 

相続における節税対策とその落とし穴

1. 節税対策の落とし穴:

 相続税対策を行い、相続税の軽減に成功した一方で、その対策が資金不足を招く場合がある

 ことを指摘しています。

 節税対策だけでなく、納税資金の確保も同様に重要であることを強調しています。

 

2. 農地等の相続税の納税猶予:

 農地の相続において、相続人が農業を継続する条件下で相続税が軽減される特例について言

 及しています。

 納税猶予を受けるためには、遺産分割が申告期限内に完了し、農業委員会の適格者証明が必

 要であることを説明しています。

 会社員の場合、終身農業従事者となることが必要であり、これが難しい場合があることを述

 べています。

 

3. 納税猶予のリスク:

 納税猶予を選択した場合、農業を継続せずに中断した場合、申告期限までの間に利子税と本

 税を支払う必要があることを警告しています。

 現在の相続人の多くが会社員であるため、終身農業従事者になることが難しい場合が多いこ

 とを指摘しています。

 

4. 将来の変化に対する考慮:

 生産緑地の指定解除や他の相続税制度の変化に備えて、土地活用や経営戦略を綜合的に検討

 する必要性を強調しています。

 

5. 節税対策と事業継続:

 相続税制度の目的は「事業の継続」であり、「節税」ではないことを強調しています。

 対象者は事業継続の責任を担うべきであり、一時しのぎ的な節税対策ではなく、事業の継続

 を考えるべきであると述べています。

 

 節税対策を追求する際に見逃されがちなリスクや、特定の税制度を活用する際の注意点を

 強調しています。

 特に農地の相続税に焦点を当て、事業の継続を前提に税制優遇を受けるべきであること

 を伝えています。