· 

ものづくり補助金制度

制度の目的:

新製品やサービスの開発、生産プロセスの改善などを通じて、中小企業などの企業の成長を促進し、産業の振興を図ること。

 

申請用枠(申請枠):

   通常枠: 新製品や新サービスの開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資と試作開発を支援。

回復型賃上げ・雇用拡大枠: 業況が厳しい事業者が賃上げや雇用拡大に取り組むための製品・サービス開発や生産プロセス改善に必要な設備・システム投資を支援。

   デジタル枠: DXに資する新製品やサービス開発、生産プロセスの改善に必要な設備・システム投資を支援。

グリーン枠: 温室効果ガスの排出削減に寄与する取り組みに応じた新製品やサービス開発、炭素生産性向上に必要な設備・システム投資を支援。

   グローバル市場開拓枠: 海外事業の拡大を目的とした設備投資などを支援。

 

対象企業の条件:

    中小企業などが対象で、以下の要件を全て満たす事業計画(3~5年)を策定・実施する必要があります。

  • 付加価値額が年間で3%以上増加する計画。
  • 給与支給総額が年間で1.5%以上増加する計画。
  • 事業場内最低賃金が地域別最低賃金に30円以上加算される計画。

対象経費:

    新製品やサービスの開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資、試作開発などが経費として対象です。

 

補助額・補助率:

   補助額や補助率についての具体的な情報は提供されていませんが、公式サイトで詳細を確認できます。

 

申請スケジュール:

   16次公募の申請期間は2023年7月28日から11月7日までです。

 

申請のポイント:

   ものづくり補助金は製造業向けの制度で、機械の導入やシステム開発費用などが補助対象です。しかし、広告宣伝費や建物費などは対象外です。

   特に飲食店の場合、事業再構築補助金のほうが広く利用できる場合が多いとされています。

    以上が「ものづくり補助金制度」の概要と対象条件、申請スケジュール、申請のポイントについての情報です。

   詳細な情報や具体的な申請手続きについては、公式サイトで確認することが重要です。