· 

相続関係説明図

相続関係説明図の作成には、多くのメリットがあります。以下にそのメリットを詳しくまとめてみました。

 

  • 相続関係の明確化:相続関係説明図を作成することで、複雑な相続関係でも一目で把握できます。これは、法務局や金融機関、裁判所、税理士などに相続人情報を提供する際に非常に役立ちます。
  • 提出した戸籍謄本等の原本還付が可能に:相続手続きの際、相続関係説明図と共に戸籍謄本の原本を提出することで、後で必要になった際にそれらの原本を利用できます。これにより、時間と手間、手数料を節約できます。
  • 法定相続情報一覧図との違い:相続関係説明図は法定相続情報一覧図とは異なり、法務局の認証が必要ない自由な書式で作成されます。法定相続情報一覧図は登記申請や預金払い戻しの際に用いられます。
  • 相続関係説明図の使用シーン:相続関係説明図は遺産分割協議や不動産の名義書換、預貯金の解約や払い戻し、家庭裁判所での遺産分割調停申立、法務局での相続登記申請、また弁護士や司法書士、税理士に相談する際など、様々な場面で必要となります。

 

 相続関係説明図は相続手続きを円滑に進めるために非常に重要な役割を果たします。

 それぞれの手続きにおいて適切に利用することで、必要な書類の提出を効率的に行うことができます。

 また、専門家に相談する際にも状況を分かりやすく伝えることができます。