· 

家族信託という仕組みを利用して

 「家族信託」という仕組みを利用して、高齢の親の資産を守る方法についてです。

  • 背景と問題提起

 人生100年時代で、高齢の親が認知症や脳梗塞になるケースが増加している。

 親の意識が低下すると、資産が凍結され、銀行や証券会社の口座が動かせなくなる。

  • 具体例と困難な状況

 具体的な例として、親が脳梗塞で倒れた場合、口座の凍結により投資信託の解約が難しくなる状況がある。

 本人の意思がないと証券会社での取引が制約され、資産の有効活用が難しくなる。

  • 「家族信託」の解決策

「家族信託」は、親の資産の管理や運用を子どもが委託される制度で、委託者、受託者、受益者の3者で成り立つ。

 認知症や脳梗塞などで親が判断能力を失った場合でも、子が資産の管理や運用を行うことができる。

 

「家族信託」のメリット

 資産の範囲や運用方針を契約で定め、親が元気なうちから子が財産を守ることができる。

 証券口座の運用や売買益、配当などの管理が家族に委ねられる。

 

「家族信託」と「任意後見制度」の比較

 「任意後見制度」も同様に財産を管理する制度であるが、家庭裁判所の管理下に置かれ、財産を自由に売買することは難しい。

 「家族信託」は契約で定めた範囲内で自由な運用と売買が可能。

  • 複雑さと専門家の相談

「家族信託」の制度は複雑で、設定の仕方を誤ると大きな税金が発生するリスクがある。

 興味がある場合は、専門家への相談が推奨される。

 「家族信託」が親の資産管理や運用において有効であります。

 同時に、制度の複雑さとリスクについても触れられ、専門家のアドバイスが重要であります。