· 

生前贈与に関する

生前贈与に関するよくある質問についての情報をまとめました。

 

Q. 生前贈与での現金手渡しは、いくらまでなら問題ないですか?

年間110万円以下であれば贈与税は非課税となり、現金の手渡しは法的に問題ありません。ただし、税務署からの疑念を避けるため、できるだけ口座振り込みなど証拠の残る方法を利用することが望ましいです。

 

Q. 贈与税の支払い義務は誰にありますか?

贈与税の支払い義務は贈与を受けた側にあります。また、贈与税の申告も贈与を受けた人が行う必要があります。申告は、贈与を受けた人の住所地を所轄する税務署に提出します。

 

Q. 贈与税の時効は何年ですか?

贈与税の申告期限の翌日から6年が経過すると時効になります。ただし、脱税目的の場合は7年間時効期間が延長されます。時効が成立すると、国税局や税務署は課税処分を行うことができません。

 

生前贈与は慎重に計画し、十分な記録を残すことが重要です。税務申告や贈与契約書の作成などについては、税理士や弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。