墓じまい必要書類

1.自治体から「改葬許可申請書」を入手する

  改葬許可申請書は、現在の墓地がある自治体の役所で発行されています。

  実際に窓口に行っても入手できますが、多くの場合は自治体HPからダウンロードできるようになっています。

  記入する内容は、下記のような事項があります。

あくまでも一例なので、記入する内容は自治体によって異なります。

 

改葬許可申請書の記入内容の例

 

申請者の署名・捺印

埋葬されている人の情報(氏名、没年月日、火葬場など)

お墓の使用者と埋葬されている人の続き柄

改葬の理由

改葬先の墓地

解体工事をする業者の名前

  特に埋葬されている人の情報については、分からないところもあるかと思います。

  分からないところは「不明」と記載すれば概ね大丈夫です。自治体の記入のルールに従ってください。

  多くの場合郵送でやり取りできるので、遠方に住んでいる人はHPから改葬許可申請書を印刷し、記入して役所に送付する形が良いでしょう。

 

2.現在の墓地管理者から「改葬許可申請書」に署名・捺印してもらう

  一通り記入したら、改葬許可申請書を持って墓地管理者の所に行きます。

  遠方に住んでいれば、郵送で受け取ってもらえるかを管理者に確認しましょう。

  墓地の管理者には、改葬許可申請書に署名・捺印をしてもらいます。

  自治体によっては、署名・捺印ではなく「埋蔵(埋葬)証明書」が必要なこともあります。 

  署名・捺印をしてもらったら、返送してもらいましょう。

  これで改葬許可申請書の記入は完了です。

 

3.改葬先から受入証明書をもらう

  役所の改葬許可の手続きでは、改葬許可申請書の他にいくつか書類が必要です。

  改葬先のお墓を契約したら、新しい墓地の管理者から「受入証明書」が発行されます。

  受入証明書の写しを用意して、申請書と一緒に提出します。

 

4.お墓の使用者から承諾書に署名・捺印してもらう

承諾書は、現在の墓地の使用者と改葬許可申請が異なる場合のみ必要です。

墓地の使用者とは、墓地に名義人として登録されている人のことを言います。承諾書のテンプレートは墓地がある役所の窓口やHPからダウンロードできます。

現在の墓地の使用者に署名・捺印してもらいましょう。

 

5.書類一式を役所の窓口に提出する

  改葬許可申請書、受入証明書、承諾書がそろったら、身分証明書のコピーをつけて役所に提出します。

  遠方に住んでいたら、返送用封筒をつけて郵送でも構いません。

 

6.「改葬許可証」が交付されて手続き完了

  書類が受理されたら、「改葬許可証」が発行されます。

  書類を提出してすぐに発行されるとは限らないので、書類は工事より余裕をもって提出しましょう。

  改葬許可証が発行された時点で、墓地から遺骨を移動できるようになります。

 

  また、改葬許可証は新しい墓地に納骨する際にも必要になるので、なくさずにとっておきましょう。