· 

遺産分割の基本的なルール:

 遺産分割に関連する基本的なルールや法定相続人についての説明をまとめます。

  • 遺産分割の基本的なルール:

 遺言書による指定: 被相続人が遺言書で相続分割を指定している場合、その指定が最優先されます。

 遺産分割協議: 遺言書がないか、指定がない財産については、相続人同士での遺産分割協議が行われます。

  • 遺産分割調停: 遺産分割協議がまとまらない場合、裁判所での遺産分割の調停が行われます。
  • 相続人の範囲(法定相続人):
  • 法定相続人: 直系尊属(子や孫)、兄弟姉妹などが法定相続人として定められています。

 相続人の範囲: 相続人は法定相続人であり、遺産分割の際にはこれらの法定相続人が対象となります。

  • 法定相続分の規定:

 相続分の相等分: 子、直系尊属、兄弟姉妹が2名以上の場合、各自の相続分は相等とされます。

 法定相続分の頭数で等分: 複数の相続人がいる場合、法定相続分は頭数で等分されます。