· 

遺産分割協議書違反

  • 代償金の支払いが守られない場合:

 遺産分割協議を解除することはできず、交渉や調停が必要。

  • 不動産の引渡しが守られない場合:

 遺産分割協議を解除することはできず、交渉や調停が必要。

 不動産の引渡しを条件にする場合、引渡し遅滞に対する損害金なども検討する。

  • 老親の面倒の担保が難しい場合:

 老親の面倒を見る条件を遺産分割協議書に入れる場合、慎重に検討が必要。

 担保が難しいため、遺産分割協議の内容を工夫する。

 

事前対策としてのアプローチ:

代償金や不動産の引渡しを条件にする際、遺産分割協議書に署名押印する前に条件を確定させる。

強制執行認諾文言付きの公正証書を作成し、事前に対策を講じる。

遺産分割協議に問題があるかもしれないという意識を持ち、専門家に相談する。