· 

遺産分割についての争い

遺産分割についての争いがある場合、以下の訴訟が考えられます:

  1. 遺産確認訴訟:遺産の範囲に争いがある場合、遺産分割を行う前に遺産の範囲を確定するために提起します。
  2. 相続人の地位不存在確認訴訟:相続欠格や養子縁組の無効などを理由に特定の人の相続権の有無が争われる場合に提起します。
  3. 遺言無効確認訴訟:被相続人の作成した遺言書が無効ではないかと主張される場合に提起します。
  4. 遺産分割協議無効確認訴訟:すでに行われた遺産分割協議の取り消しや無効が認められる場合に提起します。
  5. 損害賠償請求訴訟・不当利得返還請求訴訟:一部の相続人によって遺産が使い込まれた場合、相続人は遺産を返還するか、失われた遺産の価値に相当する金銭の賠償を行う義務を負います。
  6. 遺留分侵害額請求訴訟:遺留分に足りない財産しか承継できなかった相続人は、財産を多く承継した者に対して遺留分侵害額請求を行い、不足分の金銭を補償してもらう権利を有します。

 

 これらの訴訟は、遺産相続に関するトラブルへの対応については、事前に弁護士に相談することをお勧めします。

 審判や訴訟は話し合いではなく、対立する当事者同士が主張を戦わせる手続きです。

 不十分で不適切な対応を行ってしまうと、ご自身にとって不利な審判や判決が確定し、想定外の損害を被ってしまうことになりかねません。

 そのため、遺産相続に関するトラブルへの対応については、事前に弁護士に相談することをお勧めします。

 遺産分割の方法については「審判」、それ以外の前提問題や関連事項については「訴訟」で争うことになります。

 審判や訴訟は話し合いではなく、対立する当事者同士が主張を戦わせる手続きです。

 不十分で不適切な対応を行ってしまうと、ご自身にとって不利な審判や判決が確定し、想定外の損害を被ってしまうことになりかねません。

 そのため、遺産相続に関するトラブルへの対応については、事前に弁護士に相談することをお勧めします。