· 

任意後見制度 2

任意後見制度」に関する追加情報:

  • メリット:

 本人の意思を反映: 任意後見制度は、本人が十分な判断力があるうちに自分で代理人を選ぶことができるため、法定後見よりも本人の意思を反映しやすい。

 柔軟な資産運用: 法定後見で認められない特定の資産運用についても、任意後見で認められる可能性があり、個別のニーズに対応できる。

  • デメリット:

 費用の高さ: 親族が任意後見人にならない場合、専門職を任意後見人とする場合は、費用が法定後見よりも高くなることがある。

 条件として保有資産の一定額以上が求められる場合もある。

 任意後見人の変更: 任意後見人が亡くなるなどの理由で変更が必要な場合、再び手続きが必要であり、これが手間や負担となることがある。

 サポートの必要性: 任意後見人が亡くなった場合、家族やサポートを提供できる人が少ないと、新たな代理人を見つけることが難しくなり、制度の利用が難しくなる。

「任意後見制度」の利用を検討する際には、これらのメリットとデメリットを総合的に考慮し、自身や家族の状況に適した選択を行うことが重要です。