· 

贈与税がかかる

 予想外に贈与税がかかる可能性があります。

 以下は、それぞれのケースに対する主なポイントのまとめです:

 

  1. 2人から110万円ずつもらった場合:
    • 贈与税はもらった人の合計額が110万円を超えるか否かで判断される。
    • 贈与者ごとに計算されず、受贈者の合計額が対象。
  2. 贈与税を受贈者でなく贈与者が負担した場合:
    • 贈与者が贈与税を支払うと、それが贈与に含まれてしまう。
    • 受贈者が贈与税を支払うべき。
  3. 生活費や学費の援助に手をつけず貯めていた場合:
    • 援助を受けた場合、実際に消費している必要があり、使わずに貯めると贈与になる。
  4. 長年貯めていたものを一括で渡した場合:
    • 贈与者が渡した財産を自由に使えない場合、一括で渡したと見なされ、贈与税がかかる。
  5. 保険金の受け取り方によっては贈与税がかかる場合:
    • 保険は契約者・被保険者・受取人で課税関係を考慮。
    • 保険料負担者から受取人への変動は贈与になる。
  6. 親族間の貸し借りで返済がされていない場合:
    • 定期的な返済が必要で、無理な支払いの場合は贈与と見なされる。
  7. 夫婦共有の不動産なのに、妻がローンを払っていない場合:
    • 不動産の持分は夫から妻への贈与と見なされ、贈与税がかかる可能性がある。
  8. 土地などを時価よりも安く売った場合:
    • 親族間で時価よりも安く売買すると、差額が贈与と見なされる。
  9. 遺産分割をやり直した場合:
    • 遺産分割のやり直しは贈与として認識され、贈与税の調整が行われる。
  10. 相続時精算課税とは別に暦年贈与をした場合:
    • 相続時精算課税を選択すると暦年贈与が利用できなくなり、注意が必要。
  11. 相続時精算課税の範囲でも贈与税がかかることも:
    • 贈与が行われた翌年の315日までに贈与の都度申告が必要であり、怠ると贈与税がかかる。
  12. 負担付贈与で評価額で計算していた場合:
    • 負担付贈与は時価で計算され、評価額ではない。
  13. 借地の底地を親族が買った場合:
    • 底地買取時に適切な申告書を提出しないと、贈与と見なされる。

 

これらの事例からも分かるように、贈与税に関する法律や規定は複雑で、注意が必要です。大きな取引や変更がある場合は、専門家や税理士に相談することが重要です。