· 

相続時精算課税制度1

 相続時精算課税制度に関する主なポイントとメリットについて整理します:

  • 基本概要:

 相続時精算課税制度は、高齢者が資産を現役世代に移転しやすくするために設けられたものである。

 贈与者と受贈者は直系の血族でなくてはならず、それぞれに年齢制限がある。

  • 手続きと対象贈与財産:

 

 贈与を適用対象とする最初の年の翌年3月15日までに手続きを行う必要があり、提出書類が定められている。

 対象となる贈与財産は全て相続税の課税対象となる。

  • 贈与税の仕組み:

 

 贈与税は、2500万円まで非課税で、それを超える部分は20%の贈与税率が適用される。

  • メリット:

 a. 贈与税の節税: 暦年課税制度と比較して、2500万円まで非課税で、それ以上は贈与税率が20%で課税されるため、贈与税を節税できる。

 b. 財産の値上がりを活かした節税: 相続時精算課税制度で贈与した財産は相続財産に戻り、その際の時価が適用される。確実に値上がりする財産ならば、相続税を節税できる。

 c. 収益性の高い財産の相続税節税: 収益性の高い財産をこの制度を用いて相続させることで、将来の収益も早めに相手に承継することができ、相続税を低く抑えられる。