· 

行政書士に依頼できる相続手続

 行政書士に依頼できる相続手続は何種類かあります。 

 これには

  1. 遺言書の原案作成や証人
  2. 成年後見人の就任
  3. 相続人や財産の調査
  4. 遺産目録や相続関係図の作成
  5. 法定相続情報証明制度の利用
  6. 遺産分割協議書の作成
  7. 銀行口座や株式自動車の名義変更

などが含まれます

行政書士に依頼する費用相場は手続きの種類によって異なりますが一般的には約2万円から5万円程度です

ただし相続人の人数や財産の量によって費用が上下することがあります

 行政書士に相続業務を依頼するメリットはいくつかあります

 まず煩雑な事務手続きを任せることで時間や労力を削減できます

 また事務手続き上の相続トラブルを回避でき他の専門家への依頼よりも費用を抑えられる点も魅力です

 行政書士と司法書士の違いは相続手続きにおいて司法書士の方が関与できる業務が多いことです

 また各種申請書類の作成は行政書士の独占業務となっています

 相続登記は司法書士にしかできないため不動産相続がある場合は司法書士に依頼する方が適しています

 行政書士にできない相続手続きがあるため遺産分割協議のトラブルや相続放棄の手続きは弁護士に相続税の申告や納税の過不足リスクを減らす対策は税理士に相談すると良いでしょう

 選ぶ際には担当者の経験や評判料金体系などを比較し信頼性と専門性を確認することが重要です