· 

予備的遺言

   予備的遺言は、将来の状況変化に備えて遺言書を作成する際に役立つ要素です。

    以下に、述べられたケース別に予備的遺言があればよかった理由をまとめてみましょう。

 

ケース1

  • 状況概要:Aが子BCがおり、Bには子DAの孫)がいる。Aは自宅をBに相続させ、将来はDに継がせたかったが、Bが先に亡くなり、CDが遺産分割協議で分割することになり、自宅を売却せざるを得なかった。
  • 予備的遺言での対応: 予備的遺言で「Aの死亡前またはAと同時にBが死亡した場合は、Bに相続させるとした財産はCに相続させる」としてDを指定しておけば、DCに遺留分4分の1の金銭を用意できれば自宅を売却せずに済んだ可能性があります。

ケース2

  • 状況概要:Aは妻Bがおり、子はいない。Aは全財産をBに相続させ、Bが先に亡くなり、兄弟CDが遺産分割協議で分割することになり、Aが期待していた通りにならなかった。
  • 予備的遺言での対応: 予備的遺言で「Bが亡くなった際はEが全て受け継ぐ」としてEを指定しておけば、Eが全てを受け継ぐことができた可能性があります。

ケース3

  • 状況概要:Aには子BCがおり、Bには妻Dがおり、ABに多くの財産を相続させ、将来はBの全財産をDに相続させることで感謝の気持ちを表そうと考えていたが、Bが先に亡くなり、Aが亡くなった後、相続人がCだけとなり、Dは財産を受け継げず転居することになった。
  • 予備的遺言での対応: 予備的遺言で「B4分の3C4分の1(遺留分相当)を相続させる」としてDを指定しておけば、DCに遺留分4分の1の金銭を用意できればAの財産の2分の1をもらうことができ、自宅に住み続けることができた可能性があります。

一般的な考察

  • 遺言書の書き換え: 遺言書の書き換えは思ったよりも少なく、特に高齢になると面倒なことが億劫になりがちです。予備的遺言は将来の変化に柔軟に対応する手段となります。
  • 公正証書の費用: 公正証書の作成は都度費用がかかります。予備的遺言は、公正証書を使わずに手続きを済ませる可能性があります。
  • 認知症への対応: 遺言書の書き換えが認知症などの理由でできない場合があります。予備的遺言は、将来の不測の事態に備える一環として考えられます。

 

   最終的に、遺言書の作成は専門家との相談が重要です。

   法的アドバイスを受けつつ、家族構成や財産状況を考慮して、最適な遺言書を作成することが望ましいです。