· 

相続の話を円満に進める

   相続の話を円満に進めるためには、適切なタイミングや話し方が重要です。以下は、円満な相続の進め方に関するポイントです。

 

タイミングに注意する

  1. 家族が集まる機会: 年末年始や特別なイベントなど、家族が集まる機会があれば、相続の話をする良い機会と考えられます。ただし、注意が必要です。親族も集まる場合、相続の話をすることでトラブルが発生する可能性があります。
  2. 親子水入らずの機会を作る: 親から積極的に相続の話が出ない場合は、子どもが自然な形で親と2人だけで過ごせる機会を作りましょう。親子水入らずで話せる時間は貴重です。
  3. オンラインでの会話: 遠方に住む場合やコロナ禍で直接会うことが難しい場合は、オンラインツールを活用して会話をすることができます。タブレットをプレゼントするなど、オンラインでのコミュニケーションを促進しましょう。

話の進め方

  1. 親の思い出話から入る: 相続の本題に入る前に、親の思い出話から話を始めると自然な流れになります。子どもが小さかった頃の出来事や家族の思い出を振り返りましょう。
  2. 代々の話につなげる: 親が昔のことを話している際に、代々どうやって財産や価値観が受け継がれてきたかといった話題に自然な形で進めていきます。
  3. 相続の本題に移行する: 自然な流れで相続について触れる時がきたら、「親が一番心配しているのは子どものことだ」という視点から、子どもの立場での心配事や希望を話しましょう。

注意点

  1. 単刀直入に相続の話をしない: 親から出ない場合は、単刀直入に相続の話をするのではなく、子どもが親の心配や希望を聞くことから始めましょう。
  2. 子ども自身のことは二の次: 相続の本題に入る前に、まずは親のことを第一に考え、心配事や希望を聞くことが大切です。
  3. 希望を聞くことが相続対策になる: 親の希望や心配事を聞くことで、それを叶える方法が相続対策になります。具体的な要望に応じて、リフォームや保険などの対策を検討しましょう。
  4. 相続の言葉は慎重に使う: 「相続」という言葉は敬遠されることがあるため、子どもが自然な形で親の心配事に対応する流れを大切にしましょう。

 

   円満な相続の進め方は、家族や状況によって異なります。

   親と子どもが信頼関係を築きながら、お互いの思いを尊重し合うことが大切です。