· 

相続時のトラブルを回避

   相続時のトラブルを回避するために、以下のポイントに留意して整理や対策を行うことが重要です。

  1. 断捨離を進める:
    • 家が物で溢れかえっている場合、思い切って不要な物を断捨離しましょう。整理された状態であれば、相続時に発生する問題を軽減できます。
    • 特に空き家になってしまう場合、不用品を業者に整理してもらう費用がかかることも考えられます。事前に整理することでコストを抑えられます。
  2. 財産リストを作成する:
    • 被相続人が所有している財産(不動産、有価証券、預貯金、保険など)をリスト化しておくことが重要です。
    • 財産リストは相続手続きや遺産分割の際に役立ちます。家族や相続人が何を持っているのかを事前に知っておくことで、手続きがスムーズに進みます。
  3. 取引金融機関を整理する:
    • 被相続人が利用している金融機関の数が多い場合、手続きが煩雑になります。できるだけ数を絞り、一か所にまとめておくことが望ましいです。
    • 特に高齢者や時間が制約される場合は、事前に取引金融機関を整理しておくと便利です。
  4. 遺言書を作成する:
    • 遺言書があれば、相続時に遺言に基づいて財産が分割されます。遺言書がない場合、相続人全員での協議が必要となります。
    • 遺言書は、未成年や認知症の相続人がいる場合にも有効です。遺言執行者を指定することで円滑な手続きが期待できます。
  5. 遺言書の保管場所を共有する:
    • 遺言書があっても見つからないケースがあります。遺言書は封をして、場所を家族や信頼できる人と共有することが重要です。
    • 遺言書が見つからない場合でも、公正証書の場合は公証役場で再発行できるため、その旨も考慮しておくと安心です。
  6. 未解決事項を解決する:
    • 相続人間での未解決事項がある場合は、できるだけ早く解決するようにしましょう。親族間の問題が残ると、相続手続きが難しくなります。
    • 不動産の名義変更や遺産分割に関する事項は、事前に進めておくことでトラブルを避けられます。

 

   高齢者や家族の未来に備え、相続時のトラブルを予防するためには、これらの対策を積極的に進めることが大切です。

   親子や家族の協力が不可欠ですが、これによって円満な相続手続きが可能となります。