· 

「不公平感」とは

 「不公平感」が相続トラブルにどのように影響するかです。

 以下に、主なポイントをまとめます。

  • 住まいや財産構成の影響:

 相続トラブルが起きやすい要因として、住まいが持ち家であることや、家庭の財産構成が主に不動産である場合にリスクが高まることが挙げられています。

 これは、不動産は容易に分割できないため、相続人たちの不公平感がトラブルを引き起こす可能性があるからです。

  • 「トラブルメーカー」の存在:

 相続トラブルを引き起こす大きな要因として、「トラブルメーカー」と呼ばれる人物が存在することが挙げられています。

これは、特に兄弟姉妹の奥さんや相続人の夫、亡くなった方の愛人などが、相続において権利を強く主張し、トラブルを引き起こすケースがあるとされています。

  • 「生前の親の行い」の影響:

 親が子供たちに対して行った恩恵や支援が、相続トラブルの要因になることが指摘されています。

 親が異なる配慮を子供たちに対してした場合、相続時にそれが持ちだされ、不公平感を引き起こすことがあるとされています。

  • 相続対策の本当の目的:

 相続対策は節税だけではなく、「円満相続」を実現するための手段と位置づけられています。

 具体的な対策のアドバイスにおいて、みなさんが納得できる遺産分割、納税資金と老後資金の確保を優先し、節税はその後に続くものとして位置づけられています。

 このように、「不公平感」や家族関係の複雑さが、相続トラブルの発生を助長する要因とされ、円満相続のためにはこれらの要因に対処することが強調されています。