· 

遺言書の依頼先

異なる専門家の特徴や得意分野を知ることは、遺言作成の際に適切な相談先を選ぶ上で非常に役立ちます。以下に、それぞれの専門家の特長をまとめてみましょう。

  1. 弁護士:
    • メリット:
      • 法的な知識が豊富で、係争が生じた場合にも対応可能。
      • 遺言内容や相続配分に関する交渉も行える。
    • デメリット:
      • 報酬が高い。
      • 主に係争時の代理人として利用される。
  2. 司法書士:
    • メリット:
      • 法的知識があり、報酬が弁護士よりも安いことが多い。
      • 簡裁訴訟代理権認定を受けた司法書士は簡易裁判所事件で代理人になれる。
    • デメリット:
      • 不動産がない場合は遺言書の相談ができない。
      • 係争時には代理になれない。
  3. 行政書士:
    • メリット:
      • 費用が比較的安い。
      • 書類作成に特化しており、手続きの効率が良い。
    • デメリット:
      • 係争時には代理になれない。
  4. 税理士:
    • メリット:
      • 相続税に詳しく、相続時の税務面でのサポートが可能。
      • 相続税の申告までサポート可能。
    • デメリット:
      • 係争時には代理になれない。
      • 相続税に詳しい税理士が限られている。
  5. 信託銀行:
    • メリット:
      • 遺言信託商品を提供し、遺言作成・保管・執行など一括して引き受ける。
      • 信頼性や永続性が高い。
    • デメリット:
      • 報酬が高い。
      • 係争がある場合は遺言執行者になれない。
  6. ファイナンシャルプランナー:
    • メリット:
      • 総合的なアプローチで相談者の状況を考慮し、適切な専門家への紹介が可能。
    • デメリット:
      • 直接的な法的な代理権は持っていない。