· 

不動産土地評価に関して

 不動産土地評価に関して以下のポイントが挙げられます:

 

  1. 線路の近くでの土地評価への影響: 線路に近い土地は、騒音や振動が問題となり、そのマイナス要因は路線価に反映されていない可能性があります。このような特殊な状況は、土地の評価において織り込まれるべきであり、評価減額が考慮されるべきです。
  2. 建築妨害による土地評価への影響: 隣の土地に問題がある場合、それが土地の評価に影響を与えるべきです。例えば、隣地に住む暴力団組員が建築妨害を行う場合、これは利用価値を劣化させる要因となり、評価から減額されるべきです。
  3. 文化財の埋蔵地への評価への影響: 土地が文化財の埋蔵地と指定されている場合、発掘調査によって追加の費用が発生する可能性があります。このような事情は土地の評価に影響し、減額されるべきです。
  4. 個別事情の評価への織り込み: 国税庁の標準地や路線価には考慮されていない個別事情が存在し、これらの事情は土地評価に反映されるべきです。税務署にこれらの事情を詳細に伝え、評価額の減額を求めることができます。
  5. 相続税の特殊事情への対応: 相続税においても特殊な事情がある場合、税理士や専門家に相談することで、それらの事情が評価に反映され、減額が認められる可能性があります。

 

 土地の評価は単純な路線価だけでなく、様々な個別事情や特殊状況を考慮する必要があります。