· 

分割対策、納税資金対策、節税対策

 相続対策において、分割対策、納税資金対策、節税対策の順番で考えることは重要です。

 特に、相続時に揉めないようにするためには、事前に慎重かつ計画的な対策が必要です。以下はそれぞれの対策についての詳細です。

 

  1. 分割対策:
    • 事前に合意の形成: 相続人と事前に相続に関する合意を形成し、家族や親族との信頼関係を築くことが重要です。
    • 資産の整理: 揉めやすい資産やリスクが高い投資について事前に整理し、公平かつ円滑な相続手続きを促進します。
  2. 納税資金対策:
    • 現金の確保: 相続時には現金が必要となります。換金性が高い資産や生命保険などを活用して、10か月以内の現金納付を確保することが求められます。
    • 不動産の売却: 納税に必要な現金を確保するために、必要であれば不動産の売却を検討します。
  3. 節税対策:
    • 相続税の軽減策: 税制を理解し、相続税の軽減策を検討します。これには贈与や信託の活用が含まれます。
    • 法定相続分の超過分の対策: 法定相続分を超える遺産に対しては、相続人間での合意や適切な法的手続きを行い、税金を軽減します。

 相続対策は個々の家庭の事情や資産構成によって異なるため、十分なシミュレーションや専門家のアドバイスを受けることが大切です。

 

 また、相続人同士のコミュニケーションも重要です。

 特に親が生前に意思をはっきりさせ、相続人に伝えることは、将来の揉め事を予防する助けとなります。

 親が遺言書を作成し、相続に関する希望や考えを明確に伝えることで、家族間の認識が一致しやすくなります。