· 

生前贈与のポイントと対策

 生前贈与は確かに相続税対策の有力な手段でありますが、慎重な計画が必要です。

 

 生前贈与のポイントと対策:

  1. 非課税枠の有効活用:
    • 贈与税の非課税枠を有効に利用して生前贈与を行い、相続税の対象となる財産を減少させましょう。暦年贈与の基礎控除額110万円などを検討します。
  2. 贈与契約書の作成:
    • 生前贈与を行う場合、贈与契約書を毎年作成することが重要です。書面での契約は法的に有効であり、将来のトラブルを防ぐ手段となります。
  3. 成立要件の注意:
    • 贈与は法定相続人に対して無償で行われるものである必要があります。成立要件を確認し、実際の贈与が形式だけでなく実質的であることを確保します。
  4. 逐年的な金額調整:
    • 毎年の贈与金額を微調整することで、非課税枠を最大限に活用できます。税務の専門家と協力し、最適な金額を計画します。
  5. 管理と実効性の確保:
    • 贈与された財産が受取人によって実際に管理され、利用できるように注意します。通帳や印鑑の権限を確認し、実効性を保ちます。
  6. 連年贈与の注意点:
    • 連年贈与を行う場合、いつ贈与が行われたかが重要です。贈与契約書や金額の調整により、計画的に進めます。
  7. 早期の相続対策:
    • 相続対策は早い段階で始めることが重要です。時間があれば、慎重かつ戦略的に選択肢を検討しましょう。

 

 最終的には、生前贈与を行う場合には税務の専門家と協力し、法的なアドバイスを受けることが賢明です。