· 

遺言書作成が好ましいケース

遺言書作成が好ましいケース:

  1. 子どものいない夫婦:
    • 夫婦に子どもがいない場合、特に遺言書の作成が重要です。相続人がいないときの法定相続分配では、争いや不満の原因となる可能性があります。遺言書で相続人や相続分の指定を行うことで、スムーズな相続手続きが可能です。
  2. 自宅を妻に残したい場合:
    • 夫婦に子どもがいても、自宅を妻に残したい場合は遺言書が有益です。法定相続分割では妻の相続分は制限され、自宅を守りたい場合に遺言書で配分を調整できます。
  3. 息子の嫁に財産を相続したい場合:
    • 現行の民法では、妻は夫の両親の相続権がないため、息子の嫁にも財産を相続させたい場合は遺言書が必要です。特に家族構成が複雑な場合、遺言書で明確な意志を示すことが重要です。
  4. 再婚や内縁の妻がいる場合:
    • 再婚や内縁の妻がいる場合、遺言書を作成しておくことで、希望通りの相続が実現します。特に再婚で先妻・後妻の両方に子どもがいる場合は、細かい事情に応じて遺言書を活用しましょう。
  5. 条件の記載:
    • 遺言書には条件を記載することも可能です。たとえば、離婚の場合は無効とする条件をつけることで、将来の変化に備えられます。
  6. 事前に相続トラブル予防:
    • 遺言書は相続時のトラブル予防にもなります。遺産分割の話し合いが円滑に進むよう、遺言書で事前に希望を示しておくことが重要です。

 

 遺言書は家族や財産状況によって異なる要因が絡むため、具体的な状況に合わせて検討することが必要です。

 遺言書の作成は専門家の助言を仰ぎつつ、遺言者の希望や家族の未来を考慮して行うことが重要です。