· 

不動産の見分け方

 不動産の見分け方: 処分すべき不良不動産と処分しなくていい優良不動産

 不動産の処分の際には、収益性や換金性を基準に判断することが重要です。

 以下に、不良不動産と優良不動産の見分け方を説明します。

 

 収益性や換金性の視点:

  • 不良不動産:

 相続税評価額が高い土地

 収益性の低い不動産

 共有状態にある不動産

 貸宅地で換金性が悪い場合

  • 優良不動産:

 換金性が高く、収益性のある不動産

 地代収入が固定資産税を上回り、プラスになる場合

 更地で換金性があり、保持することでプラスになる場合

 

 貸宅地や更地のケース:

  • 貸宅地:

 借地権者からの収益が少なく、換金性が悪い場合

 地代収入が固定資産税を下回る場合

 相続税評価額が高く、共有状態にある場合

  • 更地:

 換金性が高いが相続税評価額が高い場合、不良不動産となる可能性あり

 分割しやすく、将来の活用法が見込まれる場合は、優良不動産となる可能性あり

 

 全体的な評価:

  • 不良不動産:

 相続税評価額が高いが換金性が低い場合

 収益性が低く、保持することで財産が減る場合

 特に何もせずに保持することでトラブルの原因になる場合

  • 優良不動産:

 換金性が高い

 収益性があり、保持することでプラスになる場合

 将来の活用法が見込まれる場合

 不動産の処分においては、一概にどの条件が重要かは具体的な状況に依存します。

 収益性や換金性だけでなく、将来の活用法や家族の希望にも配慮しつつ、最善の選択を検討することが重要です。