· 

均分相続制度がもたらす問題

 均分相続制度がもたらす問題について、以下にまとめます。

 

1. 均分相続制度の背景:

  • アメリカ占領下での改正:均分相続制度は、戦後の1948年にアメリカ占領下での法改正によって導入されました。これまでの家督相続制度からの転換であり、相続人が財産を均等に分割することが基本とされました。

2. 分割しにくい不動産の問題:

  • 精神的な問題の発生:不動産相続において、親の実家など思い入れのある物件が複数の相続人によって均等に分割されることが求められる。これが精神的な問題を引き起こすことがある。

3. 平等の原則と相続人の要望:

  • 平等を求める権利主張:均分相続制度のもとでは、相続人は均等に財産を分割する権利があり、これにより一部の相続人が平等を求めて権利を主張することが起こりうる。

4. 実家の売却を余儀なくされる事例:

  • 不動産の実家の売却:特に住居として使用されている実家の場合、一部の相続人が住み続けることを望んでいても、均分相続制度のもとではそれが難しくなり、売却や現金化が余儀なくされる場合がある。

5. 相続人の人間性と権利主張:

  • 相続人の個々の考え方:相続人の中には経済的な安定を求め、権利を主張する者もいる。これにより、分割の際に紛争が生じる可能性が高まる。

6. 事前の対策の必要性:

  • 問題への事前対策:相続を迎える際には、均分相続制度によって引き起こされる問題や紛争に備え、事前に対策を講じる必要がある。

 均分相続制度の導入により、均等な相続権が強調される一方で、不動産など分割しにくい財産が絡む場合には様々な問題が生じやすくなります。

 これらの事情を理解し、相続に関する計画や対策を考えることが重要です。