· 

自力での節税実現の難しさ

自力での節税実現の難しさとチームの活用

 相続税対策として賃貸不動産を所有することは、節税効果が期待できる一方で、そのプロセスは専門的で複雑です。

 自力で節税を実現することは難しく、チームを活用することが有効です。以下に、その流れと利点をまとめます。

 

節税の流れ:

  1. 相続税額の試算:
    • 専門の税理士が相続税額を試算し、具体的な課題や節税の余地を明らかにします。
  2. 賃貸不動産のシミュレーション:
    • 実際に賃貸不動産を所有した場合のシミュレーションを行い、節税効果と収益性を検討します。
  3. プランニングと物件選定:
    • チーム内の専門家が、節税と収益性を考慮してプランニングし、条件に合った賃貸不動産を選定します。
  4. 交渉と購入:
    • チームが不動産仲介や金融機関との交渉を行い、物件を購入します。
  5. 管理運営:
    • チーム内の不動産管理会社が購入後の管理運営を担当し、オーナーはこれをサポートします。
  6. 税金メンテナンス:
    • 定期的な税務メンテナンスを行い、節税効果が持続するように対策を講じます。
  7. 出口戦略:
    • 最終的には購入した物件を売却して、節税対策を完了させます。

チームの利点:

  1. 専門家のサポート:
    • 専門の税理士や不動産のプロがチームを構成し、それぞれの分野で知識と経験を提供します。
  2. 物件選定の効率化:
    • チーム内の不動産専門家が物件を探し、条件に合ったものを提案するため、オーナーは時間を有効活用できます。
  3. 銀行交渉の円滑化:
    • チームが銀行との交渉を行い、スムーズに融資を受けられるようにサポートします。
  4. 管理業務の軽減:
    • 不動産管理会社が物件の日常的な管理業務を担当し、オーナーはその手間を省くことができます。
  5. トラブル対応の迅速化:
    • チーム内でトラブルに対応するため、入居者やその他の問題にスピーディに対処できます。
  6. 経営学習の省略:
    • オーナーは不動産経営の専門知識を身につける必要がなく、チームに任せっきりにできます。
  7. 総合的なサポート:
    • チームが相続税対策のあらゆる段階をサポートし、目的を達成するまで包括的な支援を提供します。

結論:

 

 賃貸不動産を所有した相続税対策は、専門家の協力が必要であり、その一環としてチームを活用することが有益です。

 オーナーが物件選定や管理業務に直接関与することなく、総合的なサポートを得られるため、効率的で確実な節税対策を進めることが可能です。