· 

賃貸用建物を活用した相続税節税

賃貸用建物を活用した相続税節税の仕組み

 

 相続税の節税の仕組みにおいて、賃貸用建物の所有がなぜ節税になるのか、そして土地の評価額も下がるメカニズムについて考えていきます。

 

1. 建物の評価額の減額:

  • 建物の評価額は固定資産税評価額を基準にしています。建物を建築した場合、実際の支払い額である建築費用は直接反映されず、工事費用を点数計算して評価します。これにより、建物の固定資産税評価額は通常、建築費用や購入価格よりも低くなります。

2. 賃貸用建物の更なる減額:

  • 賃貸用建物は他人に貸すため、自分の都合で自由に使用できないという減額措置が適用されます。借家権割合は全国一律30%で、これを考慮して賃貸用建物の評価額が割り引かれます。これにより、相続税評価額はさらに低くなります。

3. 土地の評価額の減額:

  • 賃貸用建物を建築すると、同時に土地の評価額も下がります。更地の場合は土地のみの評価額がかかりますが、建物を建てることで自由に使えなくなり、減額が適用されます。借地権割合も考慮し、評価額が割り引かれます。

4. 節税の計算例:

  • 例えば、1億円の建物を建て、更地の土地が1億円の場合、通常の相続税評価額は2億円です。しかし、建物の評価額が減り、賃貸用としての減額も考慮すると、実際の相続税評価額は約5000万円まで減少することがあります。このように、現金を賃貸用建物に組み換えることで、相続税評価額が半分以上も減少します。

5. 借入による賃貸用建物の建築:

  • 現金がなくても、銀行から借り入れて賃貸用建物を建築することも可能です。この場合も節税効果は変わりません。状況に応じて、現金の有無や借入の条件を考慮して判断しましょう。

6. 柔軟な相続対策の選択:

  • 相続税対策は柔軟な選択が求められます。相続財産の状況に合わせ、最適な組み合わせを考えていくことが重要です。

7. 相続税対策はオーダーメイド:

  • 相続は個々の事情によって異なります。オーダーメイドな対策を検討し、最良の方法を見つけることが重要です。

8. 専門家のアドバイスを活用:

  • 相続税対策は複雑なため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。税理士や不動産の専門家に相談し、最適な戦略を構築しましょう。

 

 賃貸用建物を所有することで、相続税評価額の大幅な減少が期待できます。

 柔軟な視点で相続対策を検討し、最適な節税戦略を見つけることが、幸せな相続につながります。