· 

不動産相続に適した税理士の選び方

 不動産相続に適した税理士の選び方

 不動産相続においては、相続全般の知識だけでなく、不動産に関する専門的な知識が求められます。

  • 相続全般の知識:

 相続税評価額の算出

 相続税試算および対策の立案・実施

 相続人ごとの適切な財産の承継方法に関する知識

  • 不動産に関する知識:

不動産市場の動向や評価方法に関する知識

ワケあり不動産の見極め方や解消法に関する専門知識

不動産の購入や管理における一般的なリスクに対する理解

  • プロのネットワーク:

 不動産市場や解消法に関する情報をいち早く入手できるネットワークを有する

 専門的な相談や査定が必要な場合、プロの不動産鑑定士やコンサルタントと連携している

  • 顧客ニーズの理解:

 顧客の相続に対する具体的なニーズを理解し、それに合わせた提案ができる

 不動産の売却や購入において、顧客がどのようなリスクを望んでいるかを考慮

  • リスクを正確に伝える能力:

 不動産購入時のリスクを理解し、顧客に適切なアドバイスを提供

 利益の見込めない不良不動産についても、リスクを正確に伝え、適切な解決策を提案

  • 個別の状況に応じたアドバイス:

 顧客の状況や将来の計画に応じて、個別に最適なアドバイスを提供

 収入状況や将来のライフプランを考慮した不動産の取り扱い方について提案

 不動産相続は専門的な知識が必要なため、税理士の選択は慎重に行うべきです。

 相続税に詳しく、かつ不動産に関する専門的な知識を有する税理士は、不動産相続のスムーズな進行に寄与します。