· 

信託契約において、賃貸住宅の名義を長男に

 信託契約において、賃貸住宅の名義を長男に移し、委託者が利益を受け取ることにより、贈与とはみなされずに父親の確定申告が行われるケースについて、税務上の観点での説明をいたします。

 

  1. 名義変更による確定申告:
    • 賃貸住宅の名義が長男に変更されても、委託者である父親が賃貸住宅の利益を受け取ることにより、贈与とはみなされません。
    • このため、父親は引き続き賃貸収入に対する経費や減価償却費などを確定申告できます。
    • 父親が賃貸収入を受け取ることで、従来通りの税金の計算と申告が可能です。
  2. 信託契約の利点:
    • 生前に賃貸住宅を信託しておくことで、将来の手続きが円滑に進むメリットがあります。
    • 例えば、父親が亡くなった際に賃貸住宅を妻に相続させる場合、信託契約により名義変更が簡便に行えます。
    • 信託契約で、父親が亡くなったら妻を受益者に変更する旨を記載することで、手続きが円滑に進むとともに、特定居住用宅地等の税制上の特例も適用される可能性があります。
  3. 特定居住用宅地等の税制上の特例:
    • 信託財産が賃貸住宅とその敷地であれば、妻が受益権を取得した場合には、貸付事業用宅地等として小規模宅地特例が受けられる可能性があります。
    • 特定居住用宅地等の税制上の特例は、相続時にかかる贈与税や相続税の負担を軽減する効果があります。

 

 信託契約を検討する際には、税務上の専門家や弁護士のアドバイスを受けることが重要です。

 また、法律や税法の変更により状況が変わる可能性があるため、最新の情報を確認することもお勧めします。