· 

借金をして相続税を減らせるのか

 「借金をして相続税を減らせるのか?」という疑問に対しては、慎重なアプローチが必要であります。

 借金と相続税:

  一般的な認識として、「借金をすれば相続税が減る」という考えが広まっている。

 相続税はプラスの財産とマイナスの財産の差額で計算されるため、マイナスの財産(借金)が多いほど相続税が低くなる。

  • 考え方の誤解:

  ただし、単に借金をしても相続税が減るわけではない。

 借金をすることで手に入る現金があっても、最終的な相続税の計算には影響しない。

  • 相続税の評価額との関連:

  「借金をしたら相続税が減る」とは、借金で手に入れた財産の相続税評価額が借金の額よりも低い場合に該当する。

 不動産を借金で購入する場合、その不動産の相続税評価額が借金よりも低ければ、相続税が減る可能性がある。

  • 注意点と利息の支払い:

  借金には利息の支払いが伴うため、節税のために借金をする場合でも注意が必要。

 利息やその他の経費が高額になり、節税で得た額よりも損をする可能性もある。

  • 所得税との関連:

  個人事業主が事業資金として借金をする場合、利息は経費として認められるが、節税の効果は限定的。

  • 検討が必要な場合:

  高額な相続税が予測される場合、不動産を購入する際には借金を活用することが検討される。

 ただし、借金をする際には慎重な計画と返済能力の確認が必要。