· 

名義預金に関する問題

「名義預金」に関する問題は、相続や贈与において様々な懸念が生じることがあります。

 以下に、名義預金にまつわる問題とその回避策について説明します。

 

名義預金の問題点:

  1. 税金対策が逆効果に:
    • 名義預金は、税金対策のために行われることがありますが、逆に法的な問題を引き起こす可能性があります。
  2. 相続や贈与の際の紛争:
    • 名義預金は、実際の所有者と名義人が異なる場合があり、これが相続や贈与の際に紛争の原因になることがあります。
  3. 名義人の財産管理の問題:
    • 名義人が実際の財産管理を行っていない場合、これが法的なトラブルを引き起こす可能性があります。

名義預金を回避するための方法:

  1. 信託を活用:
    • 贈与の事実を隠すことなく、信託を活用して名義預金を回避できます。信託を通じて資産を管理し、相続や贈与におけるトラブルを回避できます。
  2. 自己信託:
    • 贈与者が自ら信託契約を結び、資産を信託する方法。これにより、相続財産の拡大を防ぎつつ、贈与税の節税も可能です。
  3. 公正証書での信託契約:
    • 信託契約を公正証書で残すことで、法的な効力を高めることができます。この方法は、将来的なトラブルを予防するために有効です。
  4. 贈与契約書の作成:
    • 贈与の意思を確認できる贈与契約書を作成し、確定日付を記載することで、贈与が成立したことを明確にします。
  5. 振り込みの記録:
    • 贈与を振り込む際には、その記録を残すことが重要です。これにより、贈与の事実を確実に証明できます。
  6. 子ども自身の管理:
    • 名義人が親である場合、子どもが預金の実際の管理や取引を行うようにし、実質的な支配権を示すことが重要です。

 

 これらの手法を組み合わせて、名義預金に関する法的な問題を回避することができます。

 相続や贈与においては、十分な計画と透明性が重要です。