· 

家族信託が活用できる場面

「家族信託」は家族の将来の財産管理や資産承継を円滑に進めるための仕組みで、様々な状況で活用できます。

 以下に、家族信託が特に役立つ状況や活用事例をいくつか紹介します。

 

家族信託が活用できる場面:

  1. 高齢の配偶者と委託者本人:
    • 高齢者や健康に不安のある場合、将来の資産管理や介護に備える。
  2. 認知症の配偶者:
    • 認知症の進行に備え、資産や財産の管理を家族信託で行う。
  3. 障がいを持つ子:
    • 障がいを持つ子供の将来に備え、生活の安定を図る。
  4. 未成年者の子:
    • 未成年の子供が資産を適切に受け継げるようにする。
  5. 無計画で消費癖の強い子や配偶者:
    • 資産の浪費を防ぎ、将来の生活を安定させる。
  6. 後妻もしくは内縁関係:
    • 後妻や内縁関係にある場合、相続や資産管理を円滑に進める。
  7. 事業承継者としての子および孫:
    • 事業承継の際に資産を効果的に管理し、円滑な承継を図る。
  8. 委託者本人および祖先の祭祀にかかわる者:
    • 資産の使途に祭祀や家族の歴史への思いを取り入れる。

二次相続以降の資産の承継先指定:

  • 家族信託を通じて、二次相続以降の資産の承継先を指定できる。
  • 特に、重度の障がいを持つ子を考慮し、将来的な資産の有効活用を図る。

特別障がい者扶養信託契約:

  • 障がい者を受益者とする「特別障がい者扶養信託契約」で贈与税が非課税になる。
  • 障がい者の治療や生活の安定を図るため、親族が財産を信託。

 

 これらの例からわかるように、家族信託は様々な状況に適応でき、家族や親族の将来に備えるための柔軟な手段として活用されています。