· 

不動産を利用して相続税の節税

不動産を利用して相続税の節税を行う方法について説明します。以下は文章の主なポイントです: 

  • 不動産を貸すことでの節税効果: 

 賃貸不動産は、空き家の状態よりも処分が難しく、借地権・借家権があるため、その分だけ相続税の評価額が下がる。

 建物は通常3割引き、土地は借地権の割合に応じておおむね2割くらい評価が下がる。

  • 具体例による説明: 

 具体例として、購入価格が5000万円の中古マンションを人に貸した場合、相続税評価額が約1160万円に減少するという事例がある。

  • アパート経営の相続税対策: 

 アパート経営も相続税の節税手段として有益であるとされている。5000万円の土地に5000万円かけてアパートを建築した場合、相続財産が約4000万円も減少する可能性がある。

 ただし、賃貸経営は資金が必要であり、空室リスクや修繕費、借金返済などのリスクもあるため、事業としての採算性を検討する必要がある。